工場直販+簡易包装で、低価格と高品質を実現!どこよりもダイレクトにこだわります! どこよりも産直にこだわります!産直だから中間コストをカット!だから高品質で安い!

カゴを見る

ホーム

ご利用ガイド

よくある質問FAQ

お問い合せフォーム

私たちについて

スタッフブログ

会員登録する

カートの中身

カゴの中身は空です。

検索

ご利用ガイド
お買い物に関してサプリメントに関して定期購入に関して特産品に関して
特濃特価について

Question特濃特価とは?

Answer「特濃特価」とは、どこよりも高濃度で安く大企業にも負けないサプリメントシリーズのことです。そのお得感を一目でわかるように比較表も作成いたしました。詳細は下記をご参照ください。

Questionどのくらい安いの?

Answer特濃特価商品一覧の比較表をご参照ください

成分について

Question成分について

Answer成分について詳しくはこちらをご覧ください。

サプリメントについて

Questionサプリメントって何ですか?

Answer現代社会(特に先進国)で暮らす人々は、不規則な生活からくる仕事の乱れによる栄養のバランス不足、コンビニエンスストアやファーストフードなど加工食品の過度な利用、自然環境の悪化による食物自体の栄養価の低下などによって健康的な食生活を脅かされています。英語でsupplementとは補うという意味ですが、その言葉通りにサプリメントは、日常の食事で不足している栄養素を補う役割を果たし、またそれだけで無く、より美しく・健康的な身体をつくるという予防の意味でも使用されます。

Questionサプリメントと薬の違いとは?

Answer近年ではコンビニエンスストアでも手軽にビタミン・ミネラルのサプリメントが購入できるようになりました。その形は、顆粒状のものから錠剤型のタブレットやカプセルなど様々です。それらを見て、『薬』と同じ薬物だと思っている方もいらっしゃいます。しかし実際は、サプリメントと薬はまったく別のものです。まず、『薬』とは、病気を治すときに必要な反応を促進するために必要な成分を一時的に補充する、基本的に健康体には不必要な化学合成物質で、「副作用」といわれる毒性を持っております。成分由来は自然のものなのか、化学的に合成されたものなのかは不問です。
一方、『サプリメント』とは、健康状態に関わらず、常に生体内の生命活動に必要な栄養素であり、不足しているものを補うことが目的です。成分は身体の中で生産されるもの、食事から摂取できるもの等がありますが、必ず自然界に存在するものです。例えば、風邪を引いたときに、解熱剤、抗菌剤、抗炎症剤、胃腸薬等を処方されます。これらはとても効果があります。しかしこれらは原因の全てを解決している訳ではありません。風邪を引いたら炎症を抑えると同時に、自己免疫力を高める必要もあるでしょう。そこで必要なのがサプリメントです。ビタミンやミネラル、アミノ酸やそれ以外の栄養素を充分に含んだサプリメントがその役目を担います。これらは免疫力を高めることにつながり身体が健康になるでしょうが、即効性はありません。継続的にサプリメントを使用することが健康に役立ちます。これは何も風邪の症状だけでなく、色々な病気や悩みに言えることです。どうでしょうか?至極簡単に言えば、『薬』とは、病人が、その病気を治すために飲むもの。『サプリメント』とは、病気・老化を予防するために飲むものなのです。

Questionどうしてサプリメントが必要なのですか?

AnswerA-1
もともと動物や人間の身体には免疫力や治癒能力が備わっています。各栄養素がきちっとバランスよく体内にあれば、ある程度病気を防ぐことができます。よくご年配の方々には「ちゃんとした食事をしていれば栄養素はとれるよ」とか「サプリメントに慣れちゃって、食事から栄養がとれなくなったりする」、「体内で合成する機能が低下しちゃう」と言う方もいらっしゃいます。 しかし現代社会ではA-2の通り、ビタミンやミネラル、その他の栄養素といったものは、普通の食事で必要量をとることは不可能だと言われています。

A-2
例としてほうれん草をあげましょう。人間が1日に必要な鉄分は最大で10mgと言われていますが、ほうれん草100gに含まれる鉄分の含有量は2mg程度です。ほうれん草の鉄分は20年前の含有量と比べると20分の1以下だと言われています。また、みかんも同様でビタミンCの含有量は20年前のみかんと比べると40分の1になっているという報告があります。これは、近代国家の負の副産物である農薬や環境汚染・環境ホルモン等の作用結果、食物に含まれる栄養素が激減してしまったのです。もし1日に必要な栄養素をすべて食事からとろうとすれば、カロリーやコレステロール、塩分等の摂取量が必然的にオーバーになって肥満やその他の原因になってしまうでしょう。

A-3
また、人間は必要とする栄養素全てを体内で合成する能力を持っている訳ではありません。ビタミンでも、ビタミンCやビタミンE(トコフェノール、トコトリエノール)、βカロチンといった栄養素は体外からとる必要があります。それ以外の栄養素も多数あります。低血圧・高血圧、癌、心筋梗塞、脳卒中等はいずれも、体内の機能の低下、抵抗力の低下、血管障害から引き起こされますが、大部分は食生活の乱れから起こる栄養素の不足やバランスの悪さが原因となっています。さらには現代社会に見られる過度のストレスが原因で、ホルモンのバランスが悪くなり内分泌障害を起こしたりと、様々な反応が体内で起こり、健康を蝕みます。そういった症状を軽減するものから未然に防ぐもの等、現代社会に生きる人々が長く健康で若くあるために、沢山のサプリメントがあり、よりよい商品が日々開発されています。以上のことからサプリメントで、自分に足りない栄養素を補うことが必要であり、また美容と健康のためにもサプリメントを補い病気を予防することが重要になってきていると言われています。

Questionサプリメントって天然素材もあるのですか?天然素材の方が身体に安全でよいと思っています。

Answerサプリメントはその形から薬と誤認されやすいですが、1.天然素材を加工したもの 2.天然物を抽出等の加工した天然由来のもの 3.ビタミンなどの素材で化学合成したものがあります。最近ではスローライフ、ロハスといった言葉をよく耳にするように、天然にこだわったものが流行っているようです。

但し、ここで一つ質問があります。『果たして自然のものがすべて安全なのでしょうか?』 答えは否です。自然に生えている食物は様々なアルカロイドを持っています。その中には人間にとって劇薬になるものも自然には多くあります。トリカブトや毒キノコがいい例だと思います。これらを間違ってサプリメントに加工してしまうことは有り得ないでしょうが、それ以外にも農薬、環境汚染等によって汚された食物も考えられます。中国の黄砂が偏西風に吹かれてハワイで観測されたというニュースもあります。と言う事は、知らず知らずのうちに食物が汚染されてしまったということも考えられます。現に、厚生労働省は2005年11月に、「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」を改訂し、その中には、マグロ類(マグロ、カジキ)、サメ類、深海魚類(キンメダイ、ムツ)、鯨類(鯨、イルカ)など、メチル水銀濃度が高い水産物を主菜とする料理を、一般の人は週2回以内(合計で週におおむね100〜200g程度以下)、妊婦、幼児、近く妊娠を予定している人は週1回以内にすることを勧めています。これも環境汚染が原因だと思います。

それならばきまった形で人工的に作られた合成品の方が安全なものもあるかもしれません。弊社では、製品コンセプトに基づいて天然素材の商品を作ったり、それ以外の商品を作ったりしておりますが、『天然・合成に関わらず安全性がしっかりと確保されたものを原料に使用する』ということを大前提に日々生産をしております。

また話は変わりますが、最近よくラーメン屋等でも化学調味料を一切使っていないラーメンを見かけることがあります。こうなると食物から出汁をとることになりますが、当然のごとく価格に反映されてきます。かるく一杯1,000円を超えるラーメンも珍しくありません。価格が上がることが消費者のためになるのか?安全な化学調味料を使って価格を下げて提供しているラーメン店も消費者の立場に立っていると言えるのではないでしょうか?情報が多い現代ですから、消費者が選べる選択肢が多いことがよりよいことだと思います。

Questionサプリメントって食品なのですか?

Answerはい、食品の分類です。厚生労働省の定めにより人の口に入るものは、医薬品(医薬部外品を含む)と食品があります。さらに食品は保健機能食品(特定保健用食品、栄養機能食品)、一般の食品(栄養機能食品以外のサプリメントを含む)となっています。(それ以外にもありますが)特定保健用食品は、国において個別に生理的機能や保健機能を示す有効性や安全性等に関する審査を受け、許可を受けることが必要になりますが、この中には単に国が認めた成分を使用した製品に対しても認可をしているものもあります。この審査には多額の費用が掛かるため、大企業が中心となっております。

栄養機能商品は、厚生労働省が定めたビタミン・ミネラルの上限下限の配合量を満たしていれば、個別の審査なく名乗ることができます。ただ表現方法も定められますので、最近では似たり寄ったりの製品と感じます。それ以外のサプリメントは一般の食品となりますが、大企業でなくても、特定保健用食品で無くても、よい製品で安心して使用できるサプリメントは沢山あります。

また一方では、一部の悪徳業者が法外な値段の粗悪なサプリメントを販売していたり、効果がある有効成分をごく微量にしか配合しないで製品を売っているのも事実です。こういった一部の悪徳業者のために、ちゃんと営んでいる業者は泣かされているのです。

Questionどうして同じ内容の製品でも価格に差があるの?

Answer理由は、製造するロットで掛かる費用が異なる、煌びやかに見える包装に費用を掛けている、含まれている有効成分の含有量が異なる等、色々あると思いますが、原料にギャランティー(保証)が有る無いということも大きな要因だと思います。使用する原料の出所がハッキリ分かるもの、生産者の顔が分かるものは高くて、海外からの直接の輸入品、どこで生産しているか分からないもの等は安い。こんなことも価格に影響してきます。

Questionサプリメントはどうやって飲むのが一番効率よく有効成分がとれますか?

Answerサプリメントはお水やジュースなどと一緒にお召しあがりください。ただし、利尿作用のあるお茶等とお召しあがりになると、含まれている有効成分が尿と一緒に体外に排出されてしまう可能性があるので気をつけましょう。また、ダイエット系はジュースとお召しあがりになると効果が薄れるものもあるのでご注意ください。

Questionサプリメントはいつ飲むのが身体に効率がよいのですか?

Answerサプリメントは食品なので特に決まりはありませんが、栄養士は普通の食事と一緒にとると、食物の中に含まれている有効成分と一緒に体内に入って吸収されるのでより効果的だと示しています。また、燃焼系ダイエットサプリメントは夜寝る前が効果的だったり、運動系サプリメントは運動前後だったりと商品によって異なりますので各商品の説明書をご覧ください。

Questionサプリメントをとっていれば健康になれるのですか?

Answerサプリメントは薬や食事そのもののかわりにはなりません。毎日の食事・生活習慣を見直した上で栄養補充のサポートとしてご利用ください。

Question1日の目安量より多く飲んでも大丈夫ですか?

Answerサプリメントは、食品なので薬のように大量摂取による危険性はまずありません。ただし、より多くとれば結果が早くみられたり、効果が高くなるというものでもありません。そして、基本的に日本で加工されるサプリメントの目安量は、成人で体重が45〜60kgの範囲で商品設定しているものがほとんどです。何にでも適量があるように、ご自分の体重も参考にしながら、1日の目安量からご自身の適量を見つけるのがよいでしょう。

Question同一のサプリメントを継続して飲んでも大丈夫ですか?

Answerサプリメントは食品なので特に問題はありません。先にも述べたとおり、環境が破壊され、食物に含まれる栄養素が減っております。継続することがサプリメントをとるにあたって一番よい方法です。

Question薬と併用しても大丈夫ですか?ちょっと心配です・・・

Answerサプリメントは食品なので、基本的には併用しても問題ありません。但し、病気や薬の内容によっては、食事の制限や、他の薬との兼ね合いが問題になる場合も考えられます。ご心配な方は掛かりつけのお医者様にご相談ください。

Question子供にもサプリメントを飲ませてもいいのですか?

Answer普通にサプリメント(錠剤・カプセル・顆粒等の形態)を飲み込めるお子様でしたら、もちろんお召しあがりいただいて結構です。先の返答にもあるように、食物自体の栄養素も低くなっているので、逆に成長期のお子様に必要なビタミン・ミネラル・アミノ酸・DHA・HPA・葉酸等は積極的に補った方がよいでしょう。そして、一般的なサプリメント(子供用を抜かす)の目安量は45kg〜60kgの成人体重を基準に商品設定していますので、お子様の体重によって調節してください。但し、成長期のお子様には向かないサプリメント(ダイエット系や滋養強壮系、亜鉛、銅、マグネシウムなど)もありますので注意事項をよくご覧ください。ご心配な方は掛かりつけのお医者様にご相談ください。

Question妊娠中の女性もサプリメントを飲んでもよいのですか?

Answer妊娠中の女性はより多くの栄養が必要な時期なので、ビタミン・ミネラルなど多くお召しあがりいただいても問題はありませんが、ビタミンAの過剰摂取にはご注意ください。また、ダイエット系は栄養成分を吸収させなくするので必要は無いでしょう。さらに、妊娠中は様々なホルモンや女性ホルモンが普段より分泌されるので、女性ホルモンに似たサプリメント(ローヤルゼリー・大豆イソフラボン)はとる必要は無いでしょう。ご心配な方は掛かりつけのお医者様にご相談ください。

Questionアレルギーがありますので心配です。

Answerサプリメントは食品ですので、原材料名を列記しております。食物アレルギーに該当する原料が使用されている場合等もありますので、ご心配な方は原材料に含まれる成分をしっかりと確認してからお召しあがりください。

Question賞味期限って何ですか?

Answer商品には賞味期限が表示されております。一般に「賞味期限」というと、その期間内であればいつでも美味しく安全にお召しあがりいただけると示している期限とされています。ただし、これは開封してしまったものや、保存状態が悪いものには当てはまりません。サプリメントなど、水分値の低いものは菌の繁殖が起こりませんので、長い間保管していても大丈夫だと一般的には言われております。しかし、ビタミンなどの有効成分は時間が経つにつれて成分の含有量が減るものがあります。弊社では工場からできたてをお届けしていますのでご安心ください。

Questionどうして価格が安いのですか?

Answerサプリメントダイレクトの商品価格が安いのは、直営工場で製造しており1.中間マージンが無い2.ネット販売でテナント費が無い 3.簡易包装のためにコストが下がっているからです。

Question価格が安いので成分の含有量などに不正があると心配ですが?

Answer先の理由より価格が安いのであり、決して含有量を誤魔化している訳ではありません。また、よくニュースで耳にする成分の含有量不足についてですが、しっかりした会社でちゃんと含有量を入れて製造しても、ビタミンなどの有効成分は時間が経つにつれて成分の含有量が減るものがあります。その防御策として、製造時に表示より少し多く含有させて製造している場合もあります。しかし、サプリメントダイレクトでは直営工場できちんと管理して製造した商品を、できたてホヤホヤでお届けしますのでご安心ください。

Questionよくニュースなどにありますが、身体に悪い成分が混じっていたりする危険性はありませんか?

Answer先のご質問の「どうして同じ内容の製品でも価格に差があるの?」のアンサーのように、弊社では原料にギャランティー(保証)が有るものを使用することが絶対条件となっています。使用する原料の出所がハッキリ分かるものを使用しているためにご心配に及びません。

Question上記以外の質問について

Answer項目にない質問につきましては、お問い合わせもしくはお客様相談室へお問い合わせください。

お客様相談室フリーダイヤル: 0120-172-321(受付時間:月〜金 9:00〜18:00) ※土日祝日はお休み

お買い物に関してサプリメントに関して定期購入に関して特産品に関して